NMF(天然保湿因子)は保湿に大切!表皮の角層にある成分

保湿とバリア機能が維持された美肌を保つ女性

みなさんは、NMFという言葉を聞いたことがありますか?

NMFとは、エイジングケア化粧品によく配合されているアミノ酸を原料とする、天然保湿因子のことです。3大保湿因子のひとつでもあり、お肌の保湿やバリア機能を維持するためには欠かせない成分ですが、加齢とともに減少することが知られています。NMFが減少してしまうと、乾燥肌やくすみや肌荒れに悩まされるようになることもあります。それを防ぐために、普段からのエイジングケアが重要です。

NMF(天然保湿因子)を理解して、保有量を維持するためのスキンケアや日常生活について知ることで、潤いのある美肌を作れます。

そこで今回は、エイジングケアアカデミー編集部の「 NMF(天然保湿因子)は保湿に大切!表皮の角層にある成分」の記事を参考に、みなさんにもシェアしていきたいと思います!

NMF(天然保湿因子)とは?

NMFは、天然保湿因子とも呼ばれる、表皮の角質層にある保湿やバリア機能を担う大切な成分です。「ナチュラル・モイスチュアライジング・ファクター」がその正しい名称です。

NMF(天然保湿因子)は、皮膚のターンオーバーの過程でつくられます。単一の成分ではなく、その成分の半数以上を占める複数のアミノ酸と、乳酸塩、尿素やミネラルなどで構成されています。

NMF(天然保湿因子)のはたらきは?

NMF(天然保湿因子)、角質細胞間脂質、皮脂膜の3つを保湿の三大因子と呼びます。

NMF(天然保湿因子)は、親水性が高いので、水分を吸着するはらたき、つまり保湿力が高く、角質層の弾力性や柔軟性を保つはたらきがあります。

NMF(天然保湿因子)が十分にあれば、お肌の潤いが保たれます。

さらに、NMF(天然保湿因子)は、肌のpHを下げ、弱酸性に保つはたらきもあります。

これによって皮膚常在菌のバランスも整います。

その結果、キメが整い肌のハリやツヤがもたらされるのです。

逆に、NMF(天然保湿因子)が少なければ、お肌の水分を保つことができないので、化粧水などで水分を与えても、お肌の乾燥を防ぐ力が弱い状態になり、乾燥肌やそれが原因のくすみや肌荒れになってしまうこともあります。

NMF(天然保湿因子)とエイジングケア化粧品

お肌では、常に一定量のNMF(天然保湿因子)が毎日つくられます。

NMF(天然保湿因子)は、お肌のターンオーバーが正常な場合、お肌の細胞の生まれ変わりとともにつくられています。そのため、ターンオーバーが遅くなればうまくつくれないこともあります。

また、NMF(天然保湿因子)は、皮脂、セラミドなど他のお肌の成分と同じく、年齢とともに減少してしまいます。

これが乾燥肌をもたらすリスクになるのです。

なので、乾燥肌の対策として、エイジングケア化粧品でNMF(天然保湿因子)を補うことが必要になってきます。

NMF(天然保湿因子)を意識したスキンケアと日常生活

必要に応じて、エイジングケア化粧品を使うことは大切ですが、その前に、NMF(天然保湿因子)を維持するためのスキンケアや日常生活を整えることが必要です。

スキンケアに関しては、洗浄力の強いメイク落とし(クレンジング料)や、洗顔料で過度に洗顔をする、掻く、こするといった強い刺激を避けることを心掛けてください。

特に、敏感肌やインナードライ肌などの肌質の方は、洗顔料やクレンジング料は、肌荒れを防ぐためにも優しいものを使いましょう。

中でも、メイクを落とすクレンジング料は、強い界面活性剤が配合されているとNMF(天然保湿因子)が流出しやすくなります。

アミノ酸系界面活性剤などを配合した乾燥肌・敏感肌向けのクレンジング料を使いましょう。

また、日焼けなどの肌トラブルが起こっている場合も、NMF(天然保湿因子)が流出しやすくなるので、紫外線ケアにも気を配りましょう。

まとめ

化粧品でNMF(天然保湿因子)を補うことは大切ですが、NMF(天然保湿因子)を維持するための正しいケア方法を知り、私生活に取り入れることで美肌を手に入れることができます!

もっと詳しく知りたいという方はナールスエイジングケアアカデミー編集部「 NMF(天然保湿因子)は保湿に大切!表皮の角層にある成分」をご覧ください。この記事が、少しでも皆さんのお役に立ちますように!